2011年12月27日

インフルエンザ予防〜睡眠

身体や脳の疲れを取るのに一番重要なことは休養です。睡眠は休養のためにとても大切です。夜に十分眠れて朝気持ちよく目覚めることができれば、心身の健康の基本が保たれていると言えます。
良く眠れているかどうかは、睡眠時間の長さではなく、睡眠の質で決まります。床に就くのは、できるだけ真夜中の12時前にしましょう。そのわけは、私たちの体内時計では、この時間帯に深い眠りに入っていないと、睡眠の質が悪くなりがちだからです。
posted by inflesaa at 21:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。